男性化粧水 女性化粧水 違い

MENU

男性化粧水と女性化粧水の違い

化粧水デビューしようとしている男性の方、おそらく薬局などに行って実際に化粧水を見てみるとたくさん種類がありすぎてどれを選んだらいいのかわからないですよね。
そもそも化粧水って女性ものなんじゃないか?っていう人も多そうですね。

 

実は、男性用の化粧水もあるんですよ!
では、女性ものの化粧水と男性物の化粧水では何が違うのか、結局のところはどちらを使った方がいいのかなど、徹底解説していきたいと思います!

 

まず、女性と男性では洗顔後の皮脂の分泌量が違うんです。

 

男性は女性に比べると毛穴が開くまでの時間が短く、さらに皮脂の分泌量が多いです。
男性用のものはそういった毛穴の開く時間を遅くし、皮脂の分泌量を抑える働きをしてくれるものになっています。

 

そのため、男性用の化粧水はそういった機能性が高いものが多く、薬品としては強いもの多いです。

 

ですので、昔薬品をつけてかぶれたことがある人や、荒れてしまったことがある人、ニキビができてしまって人なんかはあまりおすすめできません。

 

ですが、女性ものの化粧水とは違い男性ならではの機能もあるんです!

 

特に最近では化粧水をつけた後にさっぱりできるためや、汗などのにおいを抑えるためなどにメンソールが配合されているものもよく見かけます!
夏などの暑い時期なんかはもってこいですし、冬場でもさっぱりして1日のやる気を出せそうですね!!

 

男性ものの機能に比べ、女性はどちらかというと洗顔後の毛穴が開くスピードは遅いですし、その分皮脂の分泌量が男性比べると少なくなっています。

 

さらに、女性は男性に比べると肌が弱い人や敏感肌な方が多いため、機能性としては弱いもの、優しいものが多いです。

 

特に中に含まれている「無添加」が肌荒れの原因になっている人が多いため、最近はそういった「添加物」を含んでいる化粧水が多く出ていますし、そういった化粧水が人気だったりする傾向があります。

 

このような化粧水は女性の中でも特に肌が弱い人や、敏感肌の人におすすめの化粧品だったりします。つまり、女性ものの化粧水と男性ものの化粧水は入っている成分が違うことがわかります。

 

もちろん、男性だから男性ものの化粧水を使わなければいけないなんてことはないですし、女性だから女性ものを使わなきゃいけないなんてこともありません。

 

男性の中にも肌が弱い人や、敏感肌な方はたくさんいるかと思いますので、その場合は女性ものの化粧水を使うのもいいかと思います。

 

私の知人にも女性ものの化粧水を使っている人はたくさんいますし、私自身が使っている化粧水は実は男性ものの化粧水だったりもします!

 

さらに先ほども言ったように、男性ものの化粧水は爽快感がすごいため、気持ちよさのあまりに使っているという点もあります。
要するに、男性もの、女性ものというよりは、自分の肌に合うものを選んで使うことが大事なのです。

 

少しでも男性もの、女性ものの化粧水がどんな機能を持っているものなのか理解したうえで薬局などでお買い求めになられることをおすすめします。