カミソリ負け 髭剃り 対策 治療

MENU

カミソリ負けの原因と髭剃りのコツ・対策・治療方法

カミソリ負けの原因と髭剃りのコツ・対策・治療方法

 

よくテレビCMなどで耳にするカミソリ負けという言葉。
そもそもカミソリ負けって何が原因で起こるの?と思う人も多いはず。

 

男性の髭剃りで起こるカミソリ負けの原因は以下のようなものが考えられます。

 

・髭の剃り方に問題がある
・髭剃りをする前後の肌ケアがちゃんと出来ていない
・元々の肌質が弱い
・カミソリの刃の枚数が少ない

 

上記のもの以外にもカミソリ負けの原因は人によって様々です。

 

では、どうしたらカミソリ負けをしないのか?
カミソリ負けをしない髭剃りのコツ・対策とカミソリ負けをしてしまった肌の治療方法をご紹介したいと思います。

 

髭を剃るときは毛の流れに沿る

 

カミソリは順剃りで使用するのが基本です。
綺麗にムダ毛処理をしようとするあまり、逆剃りをする人が多いと思いますがそれはNG行為です!

 

逆剃りは毛の流れに逆らって毛を剃ることになるので、毛と刃の引っかかりが多発し肌に大きな負担をかけてしまいます。

 

また、綺麗に剃れないからと言って、同じ箇所を何度も剃るのもNGです!

 

カミソリは毛だけでなく肌の表面の角質も削っています。
同じ箇所を何度も繰り返し剃ると古い角質だけでなく、新しい角質まで削られている可能性があります。

 

新しい角質が削り取られると、肌の保湿機能が失われてしまい、カミソリ負けの原因になってしまいます。

 

カミソリ負けが起きる人は毛の流れに沿って髭剃りをする、同じ箇所は何度も剃らない、というのを気をつけてみてくださいね。

 

カミソリの刃の枚数が少ない・刃を交換していない

 

刃の枚数が少ないとそれだけ肌に圧力をかけることになり、負担がかかります。

 

刃の枚数1〜2枚しかないカミソリは安価で購入できますが、頻繁にカミソリ負けをしてしまう人はできるだけ刃が4〜5枚あるカミソリを選びましょう。

 

また、ずっと同じ刃を使っていると切れ味が悪くなり肌にダメージを与えるのはもちろん、雑菌が溜まり皮膚に侵入して炎症を引き起こす場合があります。

 

少し面倒だと思っても、カミソリの刃は2〜3週間ごとに取り替えましょう。

 

元々の肌質が弱い

 

元々の肌質が弱い人は、刺激を受けやすい敏感肌なので肌に傷がつきやすく、カミソリ負けをしやすいです。
肌が弱い方は髭剃り前後のケアを入念に行うことが大切になってきます。

 

上記でも紹介したように十分に髭を柔らかくし、シェービングクリームをつけて剃る。
剃った後はしっかりと洗顔をし、ローションをつけ乳液で保湿をすればカミソリ負けを防げるでしょう。

 

それでもカミソリ負けが起きてしまう人は休日だけでも髭を剃るのを止める、カミソリから電気シェーバーに変えるなどをして、肌への負担を少なくしましょう。

 

髭剃りをする前後の肌のケアがちゃんとできていない

 

髭は体毛の中でも太くて丈夫な毛です。
毛が硬い状態で髭剃りを行うと、刃が毛に引っかかりやすくなるため、肌にダメージを与えやすくなります。

 

髭剃りをするときは必ず剃る前に毛を柔らかくするのが大切です。
毛を柔らかくすれば刃が毛に引っかかることも少なくなるので肌へのダメージも軽減されます。

 

毛を柔らかくする方法としてはシェービングクリームを付ける前に温かいお湯で洗顔する、蒸しタオルで顔を温める等で十分髭が柔らかくなります。

 

また、髭を剃った後のケアもとても大切です。
保湿をしないと肌がヒリヒリしたり、炎症を起こしやすくなります。

 

髭を剃った後は肌がダメージを負っている状態なので、ローションや乳液でしっかり肌を保湿しましょう。