毛穴 黒ずみ 治し方 洗顔

MENU

毛穴の黒ずみの治し方と洗顔方法

毛穴の黒ずみの治し方と洗顔方法

 

密かに気になってしまう男性肌の毛穴の黒ずみ。
特に鼻の毛穴が黒くなってしまういわゆる「イチゴ鼻」などは恥ずかしいですよね。

 

治し方を知りたいという方のために、こちらで解説していきたいと思います。

 

そもそも、どうして毛穴の黒ずみができるの?

治し方の前に、まずは原因を知ることから始めましょう。

 

黒ずみの正体は、開いた毛穴に皮脂や汚れなどが詰まり、それが酸化したものであることが多いでしょう。
毛穴の開きの原因は年代などによっても異なりますが、乾燥や過剰な皮脂が主なものとなります。

 

さらに男性は、男性ホルモンの影響で女性よりも毛穴がもともと大きい傾向にあります。
その事からも、毛穴の黒ずみなどのトラブルに見舞われることが多いのです。

 

毛穴の黒ずみを治すには、保湿や洗顔が大事

黒ずみ対策には、「皮脂を過剰に分泌させないこと」と、「乾燥で毛穴を開かせないこと」が大事だと言えるでしょう。

 

皮脂が過剰だと毛穴が詰まりやすくなりますから、まずしっかりと洗顔をして皮脂を取り除きます。

 

ただし、取り除いてそのまま放っておけばいいわけではありません。

 

お肌は乾燥すると、皮脂が足りないと判断してさらに皮脂の分泌を招いてしまいます。
洗顔で皮脂を取り除いたらすぐに化粧水で保湿をし、乳液で水分をキープするのが基本です。

 

水分を与えると余計にベタベタするイメージがありますが、しっかり水分でお肌を満たしてあげれば皮脂の分泌は過剰にならないのです。

 

年齢を重ねたお肌の場合、乾燥すると毛穴が開きやすくなりますからよりしっかりした保湿が重要ですよ。

 

毛穴の黒ずみの治す洗顔方法

 

次に、毛穴の黒ずみを治すための具体的な洗顔方法を見ていくことにしましょう。

 

 

@毛穴の黒ずみがひどい人は、蒸しタオルを使って毛穴を開きましょう。

 

蒸しタオルは、絞ったタオルを600Wくらいの電子レンジで1分程度加熱することによって簡単に作れます。
タオルが熱すぎない程度の温度になっているかどうかを確かめてから、顔に30秒くらい乗せましょう。

 

 

A洗顔料をしっかり泡立てます。

 

洗顔料はしっかり泡立てて使うのが基本です。
泡が上手に作れないという方は、市販の泡立てネットなどを使ってみるのも良いでしょう。

 

毛穴の黒ずみを落としたい一心でゴシゴシと力任せにこするのは絶対にやめてくださいね!お肌を傷める可能性がありますし、乾燥の原因にもなります。

 

泡立てたモコモコの泡で洗うイメージで、優しく洗い上げます。
顔と手の間に泡を転がすような感じがベターですよ。

 

 

B週に1回程度酵素洗顔を取り入れても

 

頑固な黒ずみがなかなか取れそうにない方は、酵素洗顔料を週に1度程度使ってみましょう。
このときもゴシゴシこするのはNG。黒ずみを取りたいからと言ってスクラブなどの洗顔料を使うと肌を傷める可能性もあるため注意しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

 

乾燥で毛穴を開かせないこと、皮脂を過剰に分泌させないことを意識したうえで、肌に負担をかけない優しい洗顔を習慣にしてみてください。

 

蒸しタオルを使うのも効果的ですから、毛穴の黒ずみが改善しないと感じる方はぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 

トップページへ(←)