男性 メンズ 正しい シャンプー 仕方 方法

MENU

男性(メンズ)の正しいシャンプーの仕方と方法

いい男はヘアケアも怠りません。
ヘアケアの基本といったら、やっぱり正しいシャンプーですよね。

 

シャンプーなんてシャンプー剤を付けてゴシゴシやるだけでしょ?

 

って思ってしまいますが、いくつか気を付けておきたいポイントがあるのです。

 

メンズの正しいシャンプーの仕方を見ていくことにしましょう。

 

@まずはブラッシング

 

ある程度髪の長さのある男性の場合、シャンプー前にブラッシングをしておくことをおすすめします。
これによって髪の汚れや皮脂などが浮き、落ちやすくなりますし、絡まりによる抜け毛を防ぐ効果もあります。

 

ただし整髪料で固めている場合、無理にブラッシングすると髪を痛めてしまう恐れがあります。

 

 

A予洗いをしましょう

 

シャンプー前にお湯で髪を濡らす方が多いと思いますが、その時に「予洗い」もプラスしましょう。
濡らすだけではなく、汚れを洗い流すようなイメージで行うと良いでしょう。

 

これによって埃や皮脂などが落ちますから、この後に行うシャンプーの効果も高まりますよ。
7割程度の汚れはこれによって落ちてしまうそうです。

 

 

Bシャンプーは良く泡立てて使う

 

シャンプーを直接髪につけている方も多いと思いますが、頭皮への刺激が強いので手で泡立ててから付けるようにしましょう。
原液が頭皮に付くと、すすぎ残しの原因にもなりかねません。

 

 

C指の腹を使い、マッサージするように洗う

 

爪を立てず、指の腹を使って頭皮を洗っていきます。
頭皮をもむようにしてしっかりとマッサージすると効果的です。

 

 

Dお湯の温度に注意!

 

あまり熱いお湯を使ってすすぎをしてしまうと、頭皮が乾燥しやすくなります。
それにより、フケや痒みなどの原因にもなるので注意しましょう。
40度以下の少しぬるめのお湯が良いです。

 

 

Eすすぎ残しに注意して

 

頭皮にシャンプーのすすぎ残しが無いかどうかをチェックしながら、しっかりとすすぎをしましょう。
すすぎ残しがあるとフケや痒みなどにもつながります。
3分以上かけてじっくり洗い流すのが良いようです。

 

 

Fリンスやコンディショナーを使う場合は

 

短髪の男性の場合、リンスやコンディショナーは必要ないかもしれませんね。

 

使う場合、まず軽く髪の水気を切ります。
頭皮に付けないように注意し、毛先を中心に付けましょう。
効果を得たい場合は、放置時間を長くすると効果的です。

 

所定の時間が来たら洗い流します。特に頭皮に残っていないか注意してください。

 

洗いたての髪はとても傷みやすい状態になっています。
髪を乾かす時のタオルドライは髪を擦らないように注意しましょう。

 

優しく押さえるように水分を拭き取ったら、ドライヤーをかけましょう。
ドライヤーの熱は髪を傷めますから、15cm〜20cm程度離して使いましょう。

 

一か所にずっと当て続けるのも厳禁です。

 

いかがでしたでしょうか。今までやっていた方法が間違っていた!

 

という方は、こちらを参考にして正しいシャンプーをするように心がけてくださいね。
今後髪を守るという意味でも、メンズには正しいシャンプーは必須ですよ。

 

 

 

トップページへ(←)